京の街 お散歩ポートレート

PORTRAIT GALLERY

京都が好きで好きで、何度も行きましたが京都でポートレートを撮ったことがありませんでした。

ポートレート撮影にはまってしまった今日、お気に入りのモデルさんを京都で撮りたい!(おばか)とこじらせてしまって・・・撮ってきました。京都でw

んで、京都はさまざまなロケーションがありますが、京都市街だけでもかなり広いです。狙いを絞っていかないといけないので・・・1日くらいまじめにプランを練ったわけですが、京都駅より東、鴨川を渡って祇園四条周辺での撮影にしました。

ルートは祇園白川(祇園巽橋)~花見小路通~建仁寺周辺~石塀小路~蹴上~蹴上浄水所~南禅寺です。実際に撮影したら自己満足の観光写真になった気もしますが、yuki(ゆき)の撮影活動の中でもかなり満足度の高い撮影になったことでしょう(笑)

この撮影プランのキーワードは「石畳」です。後半の蹴上以降は石畳とは関係ありませんが、選んだのはこの時期浄水場がツツジ祭りの為に開放されている為です。

 

祇園白川(ぎおんしらかわ)

今回のお散歩ポートレートの出発地です。

祇園四条の北側です。巽橋(たつみばし)という白川を架ける橋があるのですが、ここ辺りはいかにも京都らしい外観になっており、石畳ももちろんここからスタートしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都 祇園白川なまめかしい風情が今に残る散策におすすめの街
祇園白川は、花見小路を進んだ場所にある白川と新橋通に面する一帯です。祇園は江戸時代後期から歌舞音曲と酒肴(しゅこう)を楽しむ花街として発展した町で、明治時代には多くの国内外の名士や文豪・文化人が足しげく通ったことで知られています。祇園白川一
日本の遺産~祇園白川の遺産
日本には、たくさんの遺産があります。それは、建造物などの遺産や、自然そのものの遺産です。このサイトでは日本の遺産・京都、祇園白川を桜の写真と共に御紹介致します。

花見小路通(はなみこうじどおり)

祇園のメインストリートの1つでしょうか。京都を代表する景観を撮る事ができます。

そういえば、中学校の修学旅行でもこのあたり行ったなぁなどと思っていましたw

 

 

 

 

 

 

京都 花見小路祇園の中心を貫く見どころ豊富で風雅な小路
花見小路は、北は三条通りから南は建仁寺まで通じている約1キロの小路です。祇園をはじめとする東山区の歓楽街を貫いており、小路の周辺には寺社仏閣やお茶屋のような京都らしいものから、バーや居酒屋までいろいろな施設や店舗が立ち並んでいます。通りを散

 

 

 

建仁寺周辺

花見小路から石塀小路へ行く途中でルート的に寄っていける感じでしたので・・・記念にパシャパシャ♪としました。よく見るとお寺も石畳ですね。

建仁寺だけではありませんが、GW中は京都のあちらこちらでツツジが見られますね。

 

 

建仁寺 The Oldest Zen Temple Kenninji
建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山で、建仁2年に開創しました。開山は栄西禅師、開基は源頼家です。坐禅体験、写経体験受け付けております。

 

2017年初夏 祇園・建仁寺エリア 〜 そうだ 京都、行こう。〜
【青もみじ×アート】 祇園の真ん中にある、静かな禅寺。

 

石塀小路(いしべこうじ)

石塀小路の入り口はEYEキャッチ画像の右に入る小道です。でも今回は建仁寺側から入って行きました。

今回の撮影の大本命が実はここです。この町並み昔から好きで、ここでポートレートが撮れてよかったです。

石畳が雨で濡れてたりするとさらに風情が出て良いのですが・・・なかなかベストコンデションというわけにはいかないですね。

とまぁ、祇園白川から石塀小路まで石畳で繋がっている様子が分かったかな♪

 

 

 

京都 石塀小路大正時代に造られた風情ある小路
京都市東山区の八坂神社付近にある石塀小路は、風情ある石畳が続く細い路地です。つい最近まで知る人ぞ知る京都の隠れた名所でした。現在ではインターネット等で魅力が紹介されることが増え、散策を楽しむ人が増えています。京都の中では歴史が浅く、大正時代

 

和の風情を身体全体で感じよう!京都八坂に位置する「石塀小路」 | 京都府 | LINEトラベルjp 旅行ガイド
「石塀小路」は京都市東山区の八坂地区に位置し、京都の中でもひときわ和を感じることができる小路です。完成は大正時代と意外に早く、京都市電で使用されていた石畳を敷いたことが始まり。現在では重要伝統的建造物群保存地区として、京都の小路の代表的存在になりました。季節問わずいつでも見ることができるため、京都を訪問したら迷わず行く...

 

蹴上(けあげ)~蹴上浄水所

石塀小路から蹴上まではちょっと遠いのでタクシーで移動しちゃいました。蹴上浄水場ではGWの間ツツジが咲く為、一般に公開されます。一年でこの期間しかこの施設に入ることはできませんよ。とはいえ、ツツジが咲いていなければ来ることもなさそうですがw

ツツジはもちろん凄かったのですが、人も凄くて・・・ちゃんとした写真は撮るの難しい所でした。

蹴上浄水場を出て北に進むと、捩れたレンガで造られたトンネルがあります。このトンネルを通って南禅寺に向かって歩いていきました。ちょっと遠い(汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蹴上浄水場 | 京都・岡崎エリアの総合情報サイト【京都 岡崎コンシェルジュ】

 

蹴上ねじりまんぽ
三条通から南禅寺に抜ける歩行者用の小径にあるレンガ造りのトンネルが蹴上ねじりまんぽ。その上には琵琶湖疏水(びわこそすい)が通り、船を運んだ傾斜鉄道、インクラインがありました。「ねじりまんぽ」とはレンガの組み方で、大きな負荷に耐えられるよう、通常のレンガ組みと違ってねじらせた形で組み上げていくもの(煉瓦斜架拱)。

南禅寺(にある琵琶湖疏水の水道橋)

はい。南禅寺は観光地なので人でいっぱいです。フォトグラファーはお寺には行かず、この水道橋で写真を撮ることが多いですね。←偏見

とはいえGWの真っ只中。この水道橋も相当な人がいましたので、人の切れ目を狙っての撮影になっちゃいました(汗

 

 

 

臨済宗大本山 南禅寺
臨済宗大本山 南禅寺 公式サイト
南禅寺 三門からの京都の絶景、レトロな水路閣…フォトジェニックなお寺巡り│観光・旅行ガイド - ぐるたび
臨済宗大本山 京都指折りの格式を誇る寺院を散策京都洛東にある南禅寺は、臨済宗南禅寺派の大本山。京都でも屈指の格式をほこるお寺です。創建は約710年前の正応4(1291)年。文永元(1264)年に造営された離宮を、亀山天皇が法皇となられたのち

 

というわけで、京都お散歩ポートレートでした。

ちょっと写真多くて、時間かかりました(汗

しかし、大好きな京都でポートレートが撮れてホント楽しかったです。

 

PHOTO yuki(ゆき)

MODEL きぃ

EOS1DmarkⅢ + SIGMA24mmF1.8EX DG , SIGMA50mmF1.4EX DG HSM

撮影場所 祇園白川 , 花見小路 , 建仁寺周辺 , 石塀小路 , 蹴上 , 南禅寺

コメント